公益社団法人神奈川県臨床工学技士会

一般の方へ(臨床工学技士紹介)

Clinical Engineers:臨床工学技士ってどんな職業??

病院では多くの医療機器が、患者さんの「いのち」のために活躍しています。その機械を操作、保守、管理しているのが「いのちを支えるエンジニア」である臨床工学技士です。臨床工学技士は「臨床工学技士法」に基づく医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格で、メディカルスタッフの一職種であり、医師や看護師などとチームを組んで生命維持管理装置の操作や保守点検を行っています。
 現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストとして、今後さらに多く使用される医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。

医学と工学の知識を併せ持つ医療機器のスペシャリスト

①手術室で活躍するスペシャリスト

心臓の代わりをする人工心肺装置ってどんなもの?
心臓の手術をする時には、一時的に心臓の動きや血液の流れを止める場合があります。その間、血液の循環を保つ機械が人工心肺装置です。全身から心臓の入り口に返ってきた血液を集めて、ポンプ(心臓の代わり)・人工肺(肺の代わり)を通し、心臓の出口に戻します。この機械を操作して心臓の手術を受ける患者さんが安全に手術をできるように日々サポートしているのが臨床工学技士です。

人工心肺装置

②病室で常に患者様を見守ってくれる機器

生体情報モニタってどんな機械?
患者さんは病気を患っており、いつ何が起こるかわかりません。そのため、医療スタッフが常に患者さんの状態を把握するための機械が生体情報モニタです。心電図、呼吸、血圧、経皮的酸素飽和度など様々な項目を測定することが出来ます。そんな機器を常に保守管理し安全性を保っているのも臨床工学技士のお仕事です。

生体情報モニタ

③傷や痛みをなるべく少なく低侵襲な手術をサポートする機器

内視鏡手術でどんな手術?
内視鏡手術では、お腹に約8mmの穴を4~5箇所開けて、内視鏡やライト、メスなどを入れ、モニタに映し出された臓器を見ながら手術を行います。傷が小さいため、回復が早くなります。ただし普通の手術よりも難しさは何倍にもなります。この難しい内視鏡手術を安心・安全に行えるように臨床工学技士はとても大切な仕事をしています。

内視鏡装置

④腎臓の代わりをする血液透析

血液透析ってどんな治療?
腎臓は尿を作ることで、水分や老廃物の除去、ミネラルのバランスを整えるなどの働きをしています。腎臓が病気になると、これらの機能を補うために血液透析が必要となります。血液を取り出し、ダイアライザ(腎臓の代わり)を通し、物質の調整を行った後に身体に戻します。血液透析を安心かつ安全に行えるように臨床工学技士は患者さんに針を刺す穿刺や人工透析装置の操作や保守点検を行っています。

血液浄化装置

⑤集中治療室で活躍する生命維持管理装置

人工呼吸器ってどんな機械?
何らかの異常により呼吸機能が低下してしまった患者さんに、それぞれ適した設定で空気を送る機械です。ガス交換(酸素と二酸化炭素の調整)の改善と呼吸をしやすくすることを目的としています。

人工呼吸器

ECMOってどんな機械?
心臓の機能が低下している時に血液の循環の補助を行う機械です。ポンプと人工肺を使った回路により、静脈血を取り出し、酸素と二酸化炭素の調整を行い、動脈に送りだします。24時間連続監視のもとに必要に応じて迅速な救急処置が行える特殊治療室で生命維持管理装置の機器操作と、保守点検をしています。

ECMO装置

臨床工学技士をもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!
公益法人 日本臨床工学技士会